Makefile中の環境変数を無視する



Makefile中の環境変数を無視する

「-e」オプションでMakefile中で設定されている環境変数を上書きすることができる。

サンプルMakefile

CFLAGS = -O -Wall

a.out: main.c
$(CC) $(CFLAGS) main.c -o $@

make

$ make //普通にmake
cc -O -Wall main.c -o a.out

$ export CFLAGS=” //CFLAGSをなしに
$ touch main.c
$ make -e
cc main.c -o a.out

「-e」オプションの説明
Makeファイル中の変数を上書きする。

-e Specify that environment values override macro assignments within
makefiles for all variables.

参考文献

GNU Make 第3版
GNU Make
CとGNU開発ツールによる組み込みシステムプログラミング 第2版
CとGNU開発ツールによる組み込みシステムプログラミング
GNUソフトウェアプログラミング ―オープンソース開発の原点
GNUソフトウェアプログラミング

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.