[vim] 複数のバッファを使いこなす



バッファを複数使うには

“バッファ名 [コマンド]

とする。

数字バッファ

数字バッファには、削除されたテキストが順番に入る。
数字バッファは 1..9 がある。

コマンド例.

“1P //直前に削除したテキストがペーストされる
“2P //その1つ前に削除したテキストがペーストされる

英字バッファ

英字バッファはクリップボードが複数あるような感じで使える。
バッファ名には[A-Za-z]と$, #などが使える。

コマンド例.

“ayy //バッファ「a」に”abc”がコピーされるとする
“byy //バッファ「b」に”def”がコピーされるとする
“aP //”abc”ペースト
“bP //”def”ペースト
“aP //”abc”ペースト

これで、ちょっとは、viが便利に感じられるようになった。

Comments are closed.